Eternal Life Now

“これらのことを話している間に、イエスご自身が彼らの真ん中に立たれた。”(ルカ 24:36)

キリストの中での新しい被造物のいのちは、超越的ないのちです。これは、イエス様が墓から生きて出てこられた時に持っておられたいのちです。聖書は復活の後、弟子たちが門の閉まった部屋に集まっていたとき、主イエス様が突然入ってこられ彼らの真ん中に立っておられたと言います。
ヘブル書 11:1は、信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものであると言います。信仰は目に見えない実際についての証拠であり証書です。例えば、床についた足跡は、誰かが最近にそこを通ったという確実な証拠です。しかし、足跡はその人ではありません。これはただ証拠であり跡であるだけです。その人を見たとき、あなたはこれ以上証拠ではない真の実物(the real thing)に接することになるのです。
あなたが新しく生まれ、霊によって神様のいのちを受けるためには信仰が必要です。あなたが新しく生まれて以来、真の実物が訪れました。いまや永遠のいのちはあなたの霊に転移しました。今、あなたの内にあるいのちは、あなたが得るために努力をしたり、得る為に“信仰を持たなくては”いけないものではありません。これは現在のいのちに関する実在です。
このように質問したかったかもしれません。“だとするならば、新しい被造物の人生において信仰の役割は何ですか?” Ⅱコリント5:7が語っていることを覚えましょう。“確かに、私たちは見るところによってではなく、信仰によって歩んでいます。” 私たちが日常的な次元を超えて、見えない領域の実在の中で行動することは必ず信仰によってなされなくてはいけません。しかし、今私たちの中にある神様のいのちは、今日の実在です。これを認識しましょう。そうするとき、それがあなたにより実際的なものになり、あなたは日々、限界のない人生を生きることになるのです。

告白
私の中に神様のいのちがあります。わたしは限界を超えて生きます!永遠のいのちが私の存在の全ての繊維質にまで働いています。私は聖霊で充満です!私は、聖霊の能力に浸って、今日障害物と城壁を超越して生きていきます!

参考聖句
ローマ 8:11